[青森県内観光]
 
前へ     次へ
遊歩写真旅!あおもり岬めぐり

津軽西海岸─その18

〇待望の海鮮直売施設が誕生!!

 今年4月、深浦漁港に待望の海鮮直売施設が誕生しました。
その名も「海の駅 ふかうら 深浦まるごと市場」です。
深浦町は、県内一のマグロ漁獲量を誇るほか、ヒラメやアワビ、サザエといった高級魚介が水揚げされるなど、沖合の漁場は海の幸の宝庫として知られています。
しかし、小売店が限られていて、これまで一般の人たちにはその魚介がなかなか手に入りませんでした。
深浦町で獲れる魚介の品質は、県内随一と筆者も常々思っていたので、この「深浦まるごと市場」は、待ちに待った施設で、居ても立ってもいられずオープン後すぐに訪ねてみました。
筆者と同じような思いを抱いている方々はほかにも多かったようで、魚介を買い求める人たちで非常に賑わっていました。
やはり目を見張ったのはヒラメとマグロでした。
切り身のサクで売られているものは、値段もお手ごろで、実際に食してみたところ、ヒラメは脂が乗っていて肉厚、マグロの赤身は鮮度バツグンで臭みがまったくなく、久しぶりに本当においしいマグロをいただいた気分でした。
ここでは数種の魚の切り身やエビなどをパックにした「漁師飯セット刺身」が販売されていて、併設されたレストランで食べられるようにもなっています。
惣菜も売られているので、レストランでご飯とみそ汁を注文すれば、自分好みの定食にあつらえることができます。
鮮魚のお買い求めは、品ぞろえがよく、より鮮度がいい午前中がおすすめです。
「深浦まるごと市場」が建つ漁港の隣には「夕陽公園」が海辺に広がり、家族連れにも楽しめるよう整備されています。


深浦漁港に建つ「海の駅ふかうら 深浦まるごと市場」


「漁師飯セット刺身」は併設のレストランで食べてもOK


前へ     次へ


遊歩写真旅!あおもり岬めぐりTOP

トップページへ