[青森県内観光]

◆「あおもり写真スケッチ」   A-Getスタッフ


前へ      次へ


■その17 初夏の奥入瀬


 初夏の奥入瀬といえば、これまで6月から新緑の季節と言われてましたが、ここ2~3年は5月中旬まで季節が早まっている気がします。
私は、月日付毎に写真を整理しているのでそのずれには驚かされています。
この頃、若葉が深緑になって奥入瀬では山ツツジが咲き、その香しい匂いで散策しているととても気持ちが良いものです。
毎年、通っていますが今年は花の量が多く付き、当り年でとてもきれいでした。
実は、奥入瀬を撮る時は晴天より曇天か小雨の時の方が緑の反射が少なく色合いが出て適していると言われています。
時間帯も陽が射さない早朝か夕方遅くがベストです。
この時期のお勧めは、三乱の流れから石ヶ戸、馬門岩あたりまで歩いてみるととても気持ちがいいです。
阿修羅の流れから雲井の滝、銚子大滝までは結構、距離があるので時間に余裕を持たないとあっという間に数時間が経ってしまうので要注意ですね。
健康診断などで脂質や血糖値などで数値が悪かった人は、身体に負担にならないくらいのウオーキングコースにもなりますので、健康管理の一環としてぜひ連れて行きたいですね。
観光客もたくさん来ていて私には理解できないですが、英語、中国、台湾、他県人と国際色豊かな言葉も聞くことも出来ますよ。
これからの季節も静かに流れの音を聞きながら涼みに出かけたいと思います。


( 三乱の流れ )


( 三乱の流れ )


( 石ヶ戸付近 )


( 馬門岩付近 )





( 雲井の滝 )


( 平成の流れ )


( 銚子大滝 )

前へ      次へ



トップページへ