[青森県内観光]

 

前へ
   次へ

津軽の一代様めぐり12

■卯年の一代様「最勝院(さいしょういん)」(弘前市) 守り本尊「文殊菩薩(もんじゅぼさつ)」

〇その3 市中心部に位置する人気の観光スポット

文殊菩薩は智慧を象徴する菩薩で、学業成就のご利益もあるとされている。
最勝院の参拝客は一代様信仰をはじめ合格祈願、あるいは“七ヶ所参り”“厄払い”“還暦”などでお参り来る人も多いという。
弘前市の中心部に位置し、弘前公園にも比較的近いこともあり、観光スポットとしても位置付けられている。
 また、桜の樹もあり、桜と五重塔という絶妙の取り合わせは、カメラマンからの人気も高い。
次回からはもう一つの卯年の一代様である弘前市茂森の「茂森の天満宮」を紹介する。
(「最勝院」の項おわり)
(つづく)






前へ   次へ
津軽の一代様めぐりTOP

トップページへ