[青森県内観光]

 

前へ
      次へ

津軽の一代様めぐり19

■午年の一代様「白山姫(しらやまひめ)神社」(黒石市) 守り本尊「勢至菩薩(せいしぼさつ)」

〇その1 境内入口に樹齢400年のイチョウの大樹

 石温泉郷にある「津軽伝承工芸館」から400mほど南に進むと、赤い鳥居が見えてくる。
「奉納 白姫山神社」とある。
くぐるとすぐに大きなイチョウの木が現れる。
「袋(ふくろ)のイチョウ」の名がついた名木だ。
高さ約27m、樹齢推定400年以上もある大樹で、黒石市指定天然記念物となっている。
樹皮の一部が、まるで鍾乳洞(しょうにゅうどう)で見られるような「乳柱」(にゅうちゅう)になっていて、幹や枝に何本もぶら下がっている。
さらに進むと、狛犬(こまいぬ)のように馬の石像が向かい合わせに座っている。
「津軽三十三観音霊場」と書かれた石碑の台座にも可愛らしい馬が置かれていたりと、やはりここは午(うま)年の一代様と納得させられるのである。











前へ      次へ
津軽の一代様めぐりTOP

トップページへ