[連載]

   151話 〜       ( 佳木 裕珠 )


前へ



◆その151

もう一つの部活 (8)

 1校時目終了のチャイムが鳴った。
昌郎は、授業終礼のあと秀明の席に行って彼の膝の様子をもう少し詳しく聞いた。
「1週間ぐらい、痛みが続いているのか。ちょっと、見せてくれる」
昌郎に促されて、秀明はズボンの右裾を痛い膝のところまで捲り上げた。
膝の上あたりが腫れているように見える。
しかし、判断がつきかねた。
昌郎は、両膝を比べて見ることにした。
「左の方と比べてみよう」
秀明はズボンの左裾も膝の上あたりまで捲った。
左右の膝の様子を比べると、右側の膝が確かに腫れている。
そして秀明が痛いという膝の少し上あたりが、赤味を帯びているのも確認できた。
「昨日までは、まだ我慢が出来たんです。でも、今日の午後あたりから痛みが強くなってきて」
「練習のやり過ぎで、炎症でも起こしているのかな」
「いえ、テスト前なので、ここ1週間は走っていません。航大と一緒の練習も、テストが終わった後と約束しています」
そう言いながら、秀明は痛そうに右膝を摩った。
18時33分、2校時目が始まるのが35分。
昌郎は、このまま、ほっといてはいけないと思った。
全日制の養護教諭の南先生は、何時も7時頃までは保健室にいる。
生徒の面倒見がよく、色々な相談事にも乗ってくれる先生で、カウンセリングの経験も豊かな先生だ。
彼女は毎日、全日制の生徒達が帰った後、保健室便りの原稿を書き、週1回発行することを目標に頑張っている。
そんな南だから何時も7時頃までは、保健室にいる。
秀明が捻挫した時も親身になって手当てをしてくれた。
2学年の次の時間は、国語総合。
昌郎はすぐ職員室に行き、担当の絹谷に秀明の膝の様子について話した。
そして、全日の保健室の南先生の所に秀明を連れて行きたいから、彼が国語総合の時間を少し抜けさせて貰って良いかと相談した。
2校時目始まりのチャイムが鳴った。
「それなら、早い方が良いわね。私もテストの出題傾向を話した後は、自習にしようと思っているから大丈夫よ。テストの傾向については、クラスの仲間から後から聞けばいいから、今すぐ、連れて行って下さい。そうそう、その前に南先生がまだいるかどうか確認してみるわね」
絹谷は早速、内線電話で南に連絡を入れてくれた。
「南先生、待っていてくれると言うから、今すぐ、秀明君を連れて行って」
そう言って、彼女は急いで授業に向かった。
秀明は、歩くのも辛そうだった。
ここ数日休みもせずに、よく学校まで来たものだと昌郎は思った。
昌郎は、痛い足を庇いながら歩く秀明に手を貸しながら、ゆっくりと歩いて全日制の校舎に行った。



◆その152
もう一つの部活 (9)

 南は保健室の前に出て秀明と昌郎を待っていた。
彼等の姿を見ると駆け寄ってきて声を掛けた。
「どうしたの、保健室まで歩ける」
「はい大丈夫、歩けます」
「南先生、遅い時間にすみません。ちょっとこの子の膝を見て貰えますか」
「勿論よ。まず保健室で、膝の様子を見せてね」
 相変わらず膝は痛いのだろうが、南の温かな笑顔を見て秀明はホッとしたようだった。
南はまず、ズボンの上からどの辺が痛いかを確認すると、ズボンを脱いで貰って秀明をベッドに腰掛けさせた。
そして丹念に両膝の様子を見比べ、痛む右足の膝の上あたりを優しく触った。
「いつ頃から痛くなったの」
「1週間ほど前からです。あ、そのすこし前から走ると痛かったのですが、安静にしていると痛みが止むので、筋肉痛かなと思っていました。でも、その痛みは少しずつ長く続くようになり、1週間ほど前から走ったりしなくても痛みを感じるようになりました。そして今日の朝から急に痛みが強くなって、その痛みが、今もずうっと続いているんです」
「そう、病院には行っていないのね」
「はい、明日からテストだから、何とかテストが終わるまでは頑張ろうと思ったんです」
「ここの赤くなっているところ確かに腫れているわ。それに熱感がある。木村先生も、此処に手を当ててみてください」
 南に言われて手を当てると、その部分は確かに熱を帯びていた。
「本当ですね。熱っぽいですね」
「秀明君、何か変だなって思ったのは、何時から、小さなことでも良いんだけれど思い出してみて」
秀明は深く考えながら言った。
「そういえば、定通総体の試合が終わったあたりから走った後などに痛みを感じていたけれど、直ぐ痛みがなくなるんで、別に気にもしていなかった」
「そう、知らない間に何処かで膝をぶつけたとか、そんなことなかったかな」
「ありません」
秀明は、きっぱりと答えた。
「十代だから、成長痛と言うこともあるかも知れないけれど、痛みが強く長くつづいているようだから、まず、病院に行って診察して貰いましょう。善は急げ。明日は土曜日だから、今日中に見て貰えるように、連絡を取ってみますね」
「これからですか。お願いできますか」
「ええ、学校医の先生に電話をして診察して下さるように頼んでみます。電話が通じると良いんですが」
そう言いながら、南は学校医に電話を掛けた。



小さな星空TOP



前へ

トップページへ