[連載]

 161話 〜 162話      ( 佳木 裕珠 )



前へ



◆その161
もう一つの部活 (18)

 新宿西口中央改札の前は、多くの人達が行き交い人で溢れていた。
改札口から出てくる人、駅に入って行く人。
縦横無尽の人の流れを見ていると目眩を起こしそうだ。
これだけの人が、改札口を出入りし何処から来て何処に行くのだろうか。
日本で一番乗降客が多い駅新宿。
人の波は渦を巻くようにしながら途絶えることがない。
昌郎は、目を凝らして玲が来るのを待っていた。
彼女の金髪は、この人混みの中でも見落とすことがなすだろう。
昌郎は、金髪を目印に玲を見落とさないようにした。
待ち始めてから5分ほど経った時、ふいに後から声を掛けられ、驚いて振り向くと、見知らぬ少女がそこに立っていた。
一瞬、人違いだと思った。
「先生。おはようございます」
昌郎の頭の中に疑問符が飛び交った。
この女子は誰。
見たことがあると思った瞬間、その少女が誰かということを確認した。
その少女は、黒髪を肩の辺りで切り揃えた玲、その人だった。
「玲、どうしたんだ、その髪」
驚きの色を隠さずに、昌郎は直截に聞いた。
「どうしたという訳じゃない。前の私の髪に戻っただけよ、先生」
昌郎が驚くことは、既に承知しているというように、玲は照れもせずに落ち着いた声で言った。
「前に戻って、もう大丈夫なのか。金髪でなくて良いのか」
学校の教師が、教え子の女の子に金髪にすることを勧めるような言葉に、玲は少し笑いながら言った。
「金髪の方が、良かったかな」
昌郎は、慌てて打ち消した。
「いや、そんなことじゃないよ。玲が金髪にして過去の自分の弱さから抜け出そうとしていた、その気持ちは大丈夫なのかと思っているんだよ」
教師として、高校生らしい髪の生徒を望んでいながらも、自分の気持ちを大切にして金髪にしても何も言わずに認めてくれていた鈴ヶ丘高校定時制の先生達に、玲は心から感謝していた。
玲は、やっと金髪から抜け出しても自分を見失うことなく進んで行けると思うことが出来たのだった。
「先生、今まで有り難うございました。私は、金髪にしなくても、ちゃんと自分らしく進んで行けると思えたのです。あんなど派手な長い金髪にして学校に行くことを許してくれた定時制の先生方に、本当に大感謝です。全日の先生方や校長先生から、私の金髪にクレームが付いていたことは、充分に知っていました。でも、そんなクレームにも拘わらず、私の金髪を許してくれた先生方のお陰で、私は自分を取り戻せました。これからは、鈴ヶ丘高校定時制の生徒として、クレームが付くようなことはしません。それよりも、定時制の生徒も頑張っているなと思われるようにしたいと思います」
「玲、君は今までも充分頑張ってくれているよ。そんなに気張ることはないんだよ。今のままの玲を、私は誇らしく思うよ。今回のトレセンに参加する時だからこそ、鈴ヶ丘高校定時制の為に髪を黒くしようと思ってくれたのかな」
「それ、ないとは言えませんが、それが大きな理由ではありません。もう、私は金髪にしなくて良いんです」
玲は、眩しいほどの笑顔で、そう言いきった。



◆その162
もう一つの部活 (19)

 リーダーシップ・トレーニングセンターは、八王子に在る研修施設で実施された。
アップダウンの多い敷地に研修施設が点在していて、宿泊施設や食堂、研修場所の移動に少し難儀する所だったが、高校生には何の苦もなく行き来していた。
その研修会場に着くと、既に、三の橋高校定時制の森航大と青少年赤十字同好会の顧問でもある常山弘が到着していた。
昌郎は勿論のこと常山も生徒の玲も航大も、全くの初心者で、参加することへの不安は大きくて受付の時点から緊張していた。
参加生徒は徐々に集まり、全体で30数名程。
研修生としての教諭の参加は、昌郎と常山のみで、あとはスタッフと呼ばれる高校教員が7名と東京都支部の職員3名と指導講師と呼ばれる人が1名。総勢40数名のこぢんまりとした研修だった。
3泊4日の間、昌郎と常山は基本的に生徒達と一緒に研修を受け、1日の1時間〜2時間程度、教員用の研修を支部の指導講師である村上先生という人から講義や指導を受けるようなプログラムになっていた。
昌郎達にとって、何も分からないまま研修がスタートした。
「先見」「ボランタリー・サービス」「ワークショップ」などと最初から聞き慣れない言葉が出て来た。
オリエンテーションで説明を受けたが、実際に経験しなければ分からない。
昌郎は自分もさることながら、玲や航大が皆について行けるかどうかが心配だった。
研修内容もそうだが、彼等2人以外は全員全日制の生徒達だから、違和感のようなものを感じて居づらくなり、途中で帰りますと言い出すかも知れない。
そのことも視野においておこうと、昌郎と常山は話し合っていた。
しかし、そんな心配は、オリエンテーションの前に行われたアイスブレークで薄まった。
アイスブレークとは、知らない者同士がこれから一緒に活動するために、お互いを知るゲームのようなものだった。
勿論、その中に昌郎と常山、そしてスタッフの先生方も加わって行われた。
「1週間の待ち合わせ」というような名前のゲームだった。
広い研修室の彼方此方で任意に4人ずつ集まって、それぞれが自己紹介し合う。
まず月曜日と設定された出会い。
そして火曜日と設定された出会いは、最初にまとまった4人以外の人達と違う位置で出会って自己紹介する。
それが水曜日、木曜日、金曜日、土曜日、日曜日と続くのである。
会場で生徒や先生達が7回賑やかに交流した後、ゲーム進行のスタッフが「それでは、水曜日に会った4人で、その時に集まった位置で再会してください。そしてお互いの名前を確認してみてください」と指示されるのだった。
「え、水曜日の出会い?」と言う声が彼方此方で聞こえた。
誰と一緒だったか、何処の位置での出会いだったか。
水曜日のという3回目の出会いは、なかなか思い出せない。
会場が良い雰囲気で混乱したが、こっちだよとか、あなたと一緒でしたねとか、君と一緒は何曜日だったっけなどと交流の内に、何となく水曜日に出会った仲間達がまとまるというゲームだった。
そのアイスブレークで一気に参加者達が打ち解けていく様子が昌郎には手に取るように分かった。
そして参加者の輪の中に、自然に溶け込んでいる玲と航大を少し離れた所で見て、昌郎と常山は、互いに頷き合うのだった。



小さな星空TOP
前へ

トップページへ