[連載]

 171話 〜 172話      ( 佳木 裕珠 )



前へ



◆その171
文化祭 (6)

 「万里に、何かアイデアがあるか?」
そう寅司に聞かれた万里は、徐に立ち上がると、クラスの皆をゆっくりと眺め回してから言った。
「皆、日中何か仕事をやってから、夜に学校へ来て勉強するの疲れない? 疲れるよね。私は疲れる。全日の生徒達がさ、帰宅する時間帯に私達は学校に来て、それから授業受けるんだよ。日中の仕事で疲れてさ、それでも学校に来るんだよ。全日の生徒達が、日中、机の前に座って勉強している時、私達はバイトやパートで仕事をしている。家にいる人は、家族の介護や家の仕事を手伝っている。寅は日中、家造っているんだよね」
「当たり前だよ、大工だもの」
「隆也や譲は、道路造っているんだよね」
「道路造っているって言ったって、ほとんど交通整理と穴掘りだぜ」
「俺達、胸張って道路を造っていますと言えるかな」
隆也と譲は、互いに顔を見合わせて苦笑いした。
「何言っているのさ。立派に仕事しているじゃないの。あんた達が頑張っているから道路が造れるんだよ」
百合は、視線を大介に移して言った。
「大介は、朝早く起きて新聞を配達してからボクシングの練習そして夕方にも夕刊配達。それから学校だよね」
そう言われた大介は
「俺には、チャンピオンになる夢があるんだ」
と胸を張った。
百合も胸を張った。
「私にだって、夢がある。だから頑張っている。家族のために家事と看病で日中を過ごしている人だっている。康男は、学校が終わってから街に出て、歌を歌っている。大きな夢を持って。ビッグなミュージシャンを目指してね。桑山のおかあちゃんの事も、全日の人達に知って貰いたい。皆、日中様々な事をして、それから学校に来ている。律子は、一流の大学目指しているんでしょう。だから日中は塾に通っているんだよね。そんな私達の日常を知って貰いたいと私は思うの。だから私達一人ずつの1日を紹介するような展示をしたいと思っている。皆、日中にどんなことをして、そして夜に登校しているのか。私達にはどんな夢や希望があるか。そんなことを堂々と発表したら、全日の子達が、私達定時制で学ぶ生徒達を特別な目で見ることがなくなるのじゃないかと思う。私達はもっと定時制で学んでいることを誇りに思っていいと思う」
「私、日中あんまり頑張っていないよ。何日かコンビニでバイトしているけどさ。全日の生徒には、学校終わってから、夜コンビニでバイトしている子もいるよ。その子も偉いと思う。定時制の生徒だけが頑張っているわけじゃないよ」
芽衣也は、そう言って万里の提案に反対した。
「でもさ、芽衣也にだって夢あるでしょう」
「夢か。ある様で無いような」
芽衣也は、少し言葉を濁した。



◆その172
文化祭 (7)

  万里は、芽衣也に笑顔を向けて言った。
「あるわよ。芽衣也、何時だったか、女を磨いて銀座の夜の蝶になって、銀座に店を持つんだって言っていたじゃない」
二人でそんなことを話したことを芽衣也は覚えていたが、それを忘れずにいてくれた万里に驚いた。
「万里、そんなこと、よく忘れないで覚えていたね」
「その話を聞いた時、ああ、そんな考えもあるんだって、結構衝撃的だった。そして、芽衣也のこと見直したよ。だから忘れないわよ」
「そのことを、同じ中学校を卒業した全日の子に話したら、不健全な夢ねって鼻で笑われたよ。あの子達にとって、私の夢は健全じゃないし、アウトローなんだわ、きっと」
「そんなことない。芽衣也の夢は、芽衣也のもの。あんたの夢は、簡単に実現するものじゃない。それはそれなりに大変な努力と苦労が必要だと思う。芽衣也の夢が実現したら大したものだよ。それだって、立派な生き方だと思う」
「そう思う? 万里、本当にそう思う」
「本当に思っているから言うんじゃないの」
「じゃあ、私は万里の提案に賛成する」
クラスの皆は、簡単に自分の言葉を覆して平然としている芽衣也に苦笑したが、彼女の夢を否定はしなかった。仲間達一人一人の個性ある夢を皆が認めている、そんな雰囲気が話し合いの中に存在していることを昌郎は、とても嬉しく感じた。そして、クラスの仲間の苦労と心の傷を知っているからこそ、互いを否定し合うのではなく認め合おうという気持ちが芽生えているのだと、昌郎は思うのだった。
突然、天宮準一が立ち上がった。皆、驚いて彼を注視した。とつとつと準一が語り始めた。
「俺さ、今年この学校に転校してきた」
「そんなこと、言わなくたって皆知っているよ」栄大がぼそりと言った。陽明も小さく頷いた。そんな二人を見て、準一は言葉を続けた。
「その理由、皆、薄々知っているよね。単刀直入に言って、俺、前の学校の授業について行けなかった。テストは何時もビリ、しかも赤点かそれに近い点数。俺、中学の時、自分は頭良いんだって思っていた。自信があった。でも、俺ぐらいの奴は、何処にでも、ざらざらいるって事に、高校に入ってから気が付いた。自慢なんかで言うんじゃないけれど、俺の兄貴、東大生なんだ」
へえーという声が皆から洩れた。
「だから、俺も当然東大に入れるんだって、中学の時に思っていた。でも、兄貴と俺は、別個の人間。兄貴が東大に入れたからと言って、俺が東大に入れる保証は何処にもない。前の高校に入って、それを嫌と言うほど知らされたよ。本当のことを言えば、俺は挫折して、この学校に来たんだ」
一瞬、教室内の空気が凍り付いた。




小さな星空TOP



前へ

トップページへ