[連載]

 181話 〜 181話     ( 佳木 裕珠 )



前へ


◆その181
文化祭(16)

 栄大や律子の母親に、彼等の家での写真は此方で撮ると言われれば、今の時代、それが可能であるから、家の人に家庭での様子を写真に撮って貰うのが一番だと、昌郎は思った。
沼崎百合と花戸玲そして大西芽衣也に家での写真を家の人にとって貰うかと聞くと、彼女達は、昌郎に家に来てもらって撮って貰いたいとのことだった。
彼女達の母親が、娘の担任である昌郎と会って話を聞くことも出来るからと、訪問して写真を撮って貰うことを希望してくれた。
 百合の父親は全盲で左足も不自由で、介護が必要な状態なので、母親と百合がそれにあたっていた。
百合には名古屋に、既に結婚し2人の子どもがいる少し年の離れた姉がいたが、夫の勤務の関係で東京を離れてから随分長くなり、名古屋に戸建ての家も構えてしまっていたから、行く行くは百合がお婿さんを迎え自分達と一緒に暮らして欲しいと、両親は考えているようであった。
父親が全盲で足も不自由といっても、母親は大らかで明るい人で、百合の性格は母親似だと思えた。
その母親が、自分の娘のことを
「この子は浮き世離れしたところがあって、先生にもお手数をお掛けしていることが多いと思います」
と笑いながら話した。
「浮き世離れ」という古めかしい言葉を使っていたが、なにか百合にはぴったりだと昌郎は感心した。
確かに百合は、一般的にちょっと変わっている子と言うところだろうが、明るい性格で人に対する思い遣りもあるので、クラスの皆からも好かれていた。
昌郎は、百合が父親の介護をして散歩をするところや母親と一緒に食事の支度をするところなどを写真に納めた。
玲の父親は下町にある町工場で働いている。
母親は食品会社のパートに出ていたが、昌郎が写真を取りに行った日には、パートの時間をずらして家にいてくれた。
小学2年と5年の弟がいるが、どちらも学校から帰ってきていて、その弟達と一緒に遊んでいるところを中心に写真を撮った。
玲はファミレスでアルバイトをしているので、店の許可を貰って、その様子も写真に納めた。
大西芽衣也の母親は、小さなスナックを経営していた。
芽衣也は母親とよく似ていた。
若い感じの母親で、今までに会った母親達とは、醸し出す雰囲気が全く違っていた。
午後に尋ねて欲しいということで午後2時頃に訪問した。
その時には既に母親は身支度を調え、濃い目の化粧をしていた。
店に行く前に突き出しの買い物をして行くと言うことだったので、短時間で写真を撮って帰ろうと昌郎は思った。
母親と自分がソファーに並んで座っているところの写真だけを芽衣也は希望したので、その構図で5枚ほど写真を撮った。
帰り際に、芽衣也の母親が「うちの芽衣也は、高校を卒業したら、私の店を手伝って、店をもっと大きくしたいと言っているんですよ」と嬉しそうに話した。
昌郎には強い印象として残った。
そしてもう一つ、芽衣也が少し席を外した時、芽衣也に聞こえないように、声を潜めながら昌郎に言った。
「去年退学した黒森という女の子が学校に行くかも知れませんが、芽衣也には会わせたくないので、宜しくお願いします。芽衣也も彼女のこと嫌いなのですが、芽衣也に纏わり付いてくるようで、何か誘われると断り切れないようです」
初めて聞く名前だった。
芽衣也が写真を撮って貰うために髪を整え終えてリビングに戻って来たので、母親の話もそこで止まってしまった。
雰囲気から、その黒森という女の子のことは、芽衣也の前では話題にしない方が良いのだろうと昌郎は思った。
学校に帰って、黒森という女の子のことを福永に聞いた。
黒森の名前は、綾という。
彼女は、去年の秋にこの鈴ケ丘高校定時制を1年の途中で退学した女の子だった。
退学理由は一身上の都合ということで定かではないが、どうも援助交際などをしているというような噂を聞いているたと福永が言った。
生徒達は、一様ではない。
様々な彼等なりの人生を抱えているのだと、各家庭や職場を訪ねたことで、昌郎は生徒達の様々な面に触れることができたと思うのだった。



小さな星空TOP




前へ

トップページへ