[連載]

  341 ~ 350       ( 鳴海 助一 )


前へ     次へ



その341
「からがぐ」

 動詞ガ行四段。からがぐ。
「が」は鼻濁音。門構え(もんがまえ)の「が」のように。
意味は、からみつける。結わいる・結う。結びつける・結ぶ。
※ダンブリノオパコ、イドコデからがェデケロ。
○トンボのしっぽを、糸で結んで下さい。(幼童)

※釘ウジヨリモ、なわからがぎノホァエガベネ。
○釘で打ちつけるよりも、縄でゆわいた方が、いいでしょ。
(簡単な小屋掛けや、囲いなどの場合)

※ナンボガマデネ、からがえデヨコシタマンダガサ、チョコヤコド、ホドサエナェデァ。
○どんなに丁寧に、ゆわいてよこしたものか、なかなかすぐには、(チョットヤソットデは)ほどけないよ。
(北海道あたりから魚類とか、着替えなどが届けられた場合)

※エジミデモ、カミ、ギリットからがえデ、エフリモシデナェ。タンダ、シゴドエッポンダオン。
○いつ見ても、髪をギュウッと結って、おシャレもするでなし、ただもう、仕事だけに熱心でサ。

▲「からがく」の二次的語源は、「絡み掻く」であろう。
「からむ」は「結ぶ」より、はるかに実態に即していて実感がある。
それに、クモの巣を掻く・左官が壁下地を掻く(構く)・橋を架く・小屋を掛く等の「かく」が熟合して、「からみかく」となる。
その中略が「からがく」であるとみる。
それで、どうしても「結ぶ」「結う」「しばる」よりは、この方が実感がこもっているわけである。
方言か知らぬが、なくしたくない言葉の一つであると思う。
この語の使用範囲は、北海道(松前)・仙台・新潟・岩手・秋田、それに青森県となっているが、家屋や小屋・囲いなどの建て方や材料などに、まだ大分原始的なものが残っていると考えられる。
北国だけに、この「からがく」が残っていることは、注意すべきことである。
なお、この語から転訛したものに、同じ動詞の「からがェる」もある。
これは着物の裾などを「端折る」というのに、「着物の裾からげる」などいう。
「端折る」のには、別に「かっくらげる」という言い方もあるが。



その342
「からくじ」

名詞。からくじ。空口。無駄口。口答え。
反抗する意味で、口を返すこと。へらず口。
※マアコナシァ、オドナサからくじキデ。
○まあこの子は、おとなに向かって口を返して。

※からくじバレ、テエッパェエデバ、テアシァエモダ。
○あの男は、口先だけは、りっぱなことを言うけれども、手足が動かない。
(実行が伴なわない)

※ガッコサウッテハェタキャ、コンダ、オヤサ、からくじグェンネナタナ。マアエガベ。
○学校にうんと入ったら、こんど、親に向かって、口答えするようになったか……。まァいいでしょう……。

※アノセンセァ、からくじァエグナェシテ。
○あの先生(教員・医者)は、言う事が横柄で。
(口が荒いこと。または、他人を下目にみていうことなど)



その343
「からきじだ」

 形容動詞。からきじだ。
これは珍しい言葉で、「我ままなこと」「すべてにぜい沢なこと」。
「から」を略して「きじだ」ともいう。

※フトリムスメダドゴデ、ナンダテ、からきじでサダダ。
○一人娘なので、どうも「わがままで」こまる。

※フトネツカラヘナェバ、からきじでマナェデァ。
○他人に使ってもらわないと、わがままにそだって駄目ですねェ。

※アシンデレバ、クジャからきじねナテ。
○働かない(遊んでいる)と、口がぜい沢になって(食べ物がうまくないこと)。

※コノマ、からきじで、カラクサダバカナゼグナッタ。
○この馬は、口がおごって、ただの草だけだと、たべなくなったよ。

※エマダキャ、ソンダノコンダノッテ、からきじコェデ、エラエナェヤェ。
ハネエドゴァアッタラ、ドゴサデモ、ハテオェダホジァエキャ。
○今の世の中では、どうのこうのと、撰択(より好み)してはいられないゼ……。勤めるにいいところがあったら、どこへでも、入っておいた方がいいよ(安心だゼ)。
上のように、津軽では、「からきじこぐ」とか、「からきじこがなェ」とかと、誰でも普通に言う。
「ぐ」は普通の濁音で、「こく」の濁訛。
「何々する」の「する」にあたる。
ただし、この「こく」は多分に卑罵の意味が含まれている。
例えば、「おしゃれをする」ことを、「いいふりこぐ」とか、「グズグズ手間取っている」ことを、「シツモツこぐ」というなど……。
標準語の「嘘をこく・屁をこく」の「こく」の地方訛したもの。

※からきじコエデルコマェネ、グット、トシァエテシマタ。
○わがままをいって(お高くとまって)いるうちに、すっかり年がいってしまった。

これは、あそこも気に入らない、ここも駄目だなんて、断わっているうちに、娘さんが婚期を失ってしまった、ということ。



その344
「からきじだ」(2)

▲さて「からきじ」の「から」は、「ひどく・全く・無駄な」というような意味をもつ「接尾語」だとみる津軽の方言で、「から」のつく場合は、大ていそんな意味のものらしい。
もちろん本元は、「空・柄・殻」等の意味であったろうけれども、転じて単なる卑称の接尾語となったもの、とみるべきものが多いようだ。
例えば次のようなものがある。
①からへ(柄せい。せいたけ。身長。)
②からこしャぐ(小癪すぎること。)
③からこッぺ(かしこ過ぎること。いけざかしい。)
④からくさい(小便くさい。)
⑤からこえ(じ声。もち前の大声。)
⑥からぽねやむ(骨惜しみをすること。)
⑦からえばる(虚勢をはる。)
⑧からッかぜ(から風)
⑨からッきし(全然。全く)
⑩からさわぎ(バカ騒ぎ。無意味な騒ぎよう。)

標準語にもたくさんあるが、三例だけに止めた。
「からきじ」の「から」も、まさにこのタグイだというわけ。
次に、「きじ」は、「気随・きずい」の訛りらしい。
つまり、「気随気まま」の意味に、卑称の「から」がついて、「からきずい」。
それがなまって「からきじ」となったとみたい。
次に、津軽の「からきじ」に似た他県の方言を少々。
まず、宮城県栗原郡では=からきずい。
青森・岩手・秋田では=からきじ。
大分県・北海道辺郡では=いばかり。
和歌山県南部地方では=がちまん。
仙台・鳥取・山口・高知では=きずい。
(津軽でも、単にきじだともいう。)
また、石川県・富山県あたりでは、「無愛想・高慢」の意味として、「きずい」というそうだが、津軽の場合ともよく一致する。
新潟県では=せんしょう。
尾張・岡山では=まんがち。
隠岐島では=さいろく。
……等々。
まさに、「所変われば品変わる」のたとえの通り。
なお、最後の、「さいろく」は、尾張・名古屋あたりでは、人の頭の形につくった人形(おもちゃ)だそうだがロクデナシのことを「さェんずず」という津軽のことばに、一脈通じるものがあるのもおもしろい。



その345
「がらえも」

 名詞(卑語)。がらえも。
さっぱりだめなこと。
物ごとの成果(結果)が、おもわしくないこと。
からっきしゼロ。
これは「がら」と「えも」とを一口に言ったもので、「がら」は「から」とほぼ同じで、やはり「空」「無駄」の意味。
これが副詞となって、「がらっとマエナェ」(全然だめ)「がらっとヤメダ」(すっかり中止した・投げた・捨てた)、「からっきし駄目だ」等と用いられる。
「えも」も、正しくは「いも・芋」であり、食料としては貴重なものだが、米や麦などと並べて、主食とみた場合、はるかに劣るところから、卑語の代名詞みたいになったのか、とにかく、「つまらないもの・下手・未熟・臆病・弱者・劣等」などの意味に用いられる。
「がらえも」は、「がらっと、えもだ」というのが約まったものらしい。
なお、花札などの点の無い札(一点には数えるが)を「ガラ」というのも「空札」の意味だろうし、「芋粥・イモガユ」をすすってやっと暮している、などともいうところから、「いも」も、劣等なものの代表的な呼称とまでなりさがったものらしい。

※キナ、ナェノオマ、ドデエタバ。カッタベ。――ナンニナニ、がらえもサェ。
○昨日の馬力大会で、あんたとこの馬は、どうであった。勝ったんでしょうよ。なんのなんの(いやいや)、さっぱり駄目でしたよ。(賞にも入らない)

※チョネン、リンゴァ、ドデアエシタバ。――がらッとえもシ。
○去年、りんごはどうでした。――全然だめでしたよ。

※マグラェモノァオニコデ、シゴドコァえもコ。
○食いものは鬼で(大食)、仕事はゼロ(無能)。

「えも」の話しを一つ。
ある年の村の、宮相撲をみにいった相撲ずきの親父、今年も、自分の倅が出場しているので、大いに張り切って見物していた。
いよいよ倅の取組みである。
ヤッと立ち上ったときの構えといい、たちまち攻撃に出たその花々しさといい、まことに堂々たるものである。
親父おもわず「オラェノアニモ、シモコダバ」と言いかけた途端に、もろくも投げつけられた。
親父すかさず「えもダネ」といったそうな……。
「うちの倅も相撲なら……ちっとばり強いよ」と言いたかったのに……、気の毒である。
「えもダネ」は、「いもだよ・さっぱりだめだよ」の意味。



その346
「からからど」

 副詞。からからど。
これは、乾き切った様子を形容するギ熊語。
方言とも言えないが。

※カェドコァ、からからどシテシマタデァ。
○道路が、カラカラに乾いてしまいましたよ。

※ノギ下サホシテラクジァ、からからダナッタ。
○軒下に乾かしておいた藁ぐつが、しっかり乾いたよ。

上は、特に春雪の消えかけた頃のこと。
約半年も雪に埋まり、寒い寒いといって暮す北国では、毎年訪れてくる春先の「よろこび」というものは、まさに言語に絶するものがある。
とくに昔の田舎の人々には。
履くもの、着るもの、冠むるもの、すべてが粗末で不便なものばかりで……、ようやく雪も消え始めて、暖かくはなっても、しばらくの間は、雪どけの悪路にまた一苦労する。
日当たりのよい庭先や、通りなどからまずかわき始める。
ところどころ、軽い下駄やゾーリで歩けるようになる頃のウレシサッたら……。
「ドコソコの店までゾーリコはェで行ぐネよぐなったェ」などと、おとなも子どもも大よろこび……。
前掲の用例は、そんな「よろこび」の気持ちが含まれているのである。



その347
「からこッぺ」(1)

 形容動詞。からこッぺ。
この語の意味は、小ざかしいこと。
小癪な振舞をする人。
出すぎた行いをすること。
ませた人。
こましゃくれた言動。
そんな態度を形容する語であり、または、そんな人そのものを指すこともある。似た言葉に、「えげじャがし」がある。

※アノオドゴァ、チサェカラ、からこッぺでエタキャトシァエテモ、ヤパリ、ツトサガシシゲルデア。
○あの男は、小さい時から、ませて、小癪であったが(小ざかしくてあったが)大人になっても、やはり……少し「利口すぎる」ネェ。

※アノママタギァ、アンマリからこっぺだデァ。
○あの女中さんは、あんまりサカシすぎますよ。

※ワラシァ、アンマリからこっぺだバ、シギデナェ。
○子供が、あんまり老成ぶっているのは、嫌いだね。



その348
「からこッぺ」(2)

▲「からこっぺ」の語源ははっきりしない。
「から」は空・虚・無駄などからきたもので、多分に接頭語化して、同時に、その意味も卑語に近くなったもの、とみることには間違いないようだ。
次に、「こッペ」の「こッ」は「小・子」であろう。
「ぺ」は「帯びる」などから転訛したもので、そのような様子、そのような風体、というような意味である。
例えば「大人ぶる・都会ぶる・へなぶる・田舎びる」などの「びる」はそれである。
そこで「こッぺ」の語源を、二次ないし三次的には、「こびる」つまり「小びる」だと見当をつける。
次に、大言海の説を借用しながら述べてみる。
すなわち同書二巻三四三頁に、「こびる」の意味として、①小さく細る、伸びずしてあり。
コビレル。
静岡県にて、小男を「小びた男」という。
②の意味として、コマシャクレル・ナマイキ云々とある。
ここにおいて、「こッぺ」は、「こぴっちょ」などの転訛だということは、一応考えられると思う。
次に各地の方言をしらべてみる。

①こーへー・こーへる=老成。対馬。
②こーべッたい=ませている。なまいき。三河。
③こびる=こましゃくれる。仙台・山形県米沢。
④こばくれる=気がきく。こましゃくれる。岡山。
⑤こんびい=小さい。山口県祝島。
⑥こんびんくさい=大人くさい。新潟県。
⑦こッぺちョる=ませている。岐阜県山県郡・愛知。
⑧こッぺーもの=追従かましい多弁者(おしゃべり)坂東。小才子の意味として。千葉県安房郡。
⑨こッぺろく=物事に通じた人。
奈良県吉野郡。ませた子の意味として。三重県北ムロ郡。
これらの例によって、津軽の「こッぺ」は決して孤立したものでないということ、「小びる」がその本元であることなどが了解出来ると思う。
なお、津軽の「ゴッペカェシタ」の意味も、極めて明瞭になる。
つまり「あんまり小ざかしく振舞って、却って失敗した」というのがその原意である。



その349
「からぐり・からぐる」

 動詞。名詞。からぐる。からぐり。意味は、
①不如意ななかで、いろいろと、やり繰りすること。
②いろいろと、かれこれ頭をつかって、修理修繕などをして、間に合わせること。

「からぐり」は、その名詞形(連用形)だから、転成の名詞となっただけで、意味は大たい同じ。
たとえば、「曇る」と「曇り」。
「笑う」と「笑い」。
「あざける」と「あざけり」のように。

※アノオナゴァ、ベンチャラバレエタテ、ワラハドノヘンダクモノモ、からぐえナェジァネ。
○あの女は、おしゃべりは、達者だけれども、自分の子供たちの着物も、ろくに繕えないんだとサ。

※コトシエジネン、ドダリカダリ、からくてキル。
○今年一年、また、どうにかこうにか、繕って着る。

※オマェマダ、ソレァナェノ、コレァナェノタテ。からぐりァエシテ、リッパダモノァデギダデバ。
○あんたはねェ、板が足りないの、金網が無いのたって、やりくりがうまくて、立派な鶏小屋が出来上ったじゃありませんか。大したもんですねェ。

この外に、「陰で、こっそり悪事をやっていること」なども「からぐり」ということもある。
▲「からぐり」は、「絡み操る」であろう。
早い話しが、操り人形(浄瑠リ)の「アヤツル」である。
たくさんの糸や針金や何かで操作する。というのが、この「からくる」の意味。転じて、やりくり算段する意となり、陰謀などの意ともなる。
また、修理・修繕(一時の間に合わせ的な)の意ともなる。
津軽の言葉に、似たようなものとして、「くすぐる」がある。
「ぐ」は普通の濁音。やはり、修理する。一時的な繕い、というほどの意味。



その350
「からし(す)」

 名詞。からし。これは、物忘れすること。
また、その人をいう。
自分でもいい。他人のことをもいう。

※ワ、からしダドゴデ、キデモ、シングネワシエルハデ、カミコサ、カェデエテケロジャ。
○わたしは、物忘れする性で、聞いても、すぐ忘れるから、この紙に書いていって下さい。

※オマェモマダからしダデァ。コゴネアルデバナ。
○あんたも、また忘れっぽい人だね。ちゃんとここにおいてあるんじゃないか。
(神棚の上とかに)

▲物忘れする人を、「からし」というのは、これこそ津軽だけのことだと思ったら、他地方にも、また標準語の言い方にもあるようだ。
「からし」は、もちろん、「からす・烏」で、この烏は、せっかく見つけた餌を、よく置き忘れるということから、物忘れする人を、そう呼ぶようになった。
方言辞典には、静岡・山口県大島。阿呆・ばかの意味として和歌山、があげられているだけで、青森県とも津軽とも出ていない。



津軽のことばTOP



前へ     次へ

トップページへ