[連載]

  361 ~ 367       ( 鳴海 助一 )


前へ



その361
「かんとまめ」


 名詞。かんとまめ。
落花生(ラッカショウ・ラッカセイ)のこと。
これは、青森県と、秋田県の北部ぐらいのもので、他県では、別に種々な名称で呼ぶようだ。
南京豆(ナンキンマメ)などは普通の国語ともいえようが、厳密には、どれが正しいの、正しくないのとは、きめられないようだ。
別名の主なるものは、(カッコ内は筆者の推定)次の通り。
とうじんまめ(唐人豆)・とうまめ(唐豆)・おにまめ(鬼豆=大粒だから)・カララマメ(唐・韓豆)・カントマメ(広東豆)・ジゴクマメ(地獄豆)・ジマメ(地豆)・タワラマメ・(俵豆=形から)・オタフクマメ等々「かんとまめ」は、あるいは、我が国の「関東」の豆の意味か。
このものの原産地は、南米だそうだから(植物大図鑑)南豆とか唐人とかは、どうかと思われるが、しかし昔は、外来のものは西洋東洋を問わず、一がいにトウ・カラと考えたとも、あるいは、南米は原産でも、支那から日本へ移植されたからとも考えられはしまいか。
落花生のイワレは不明。



その362
「かんつける」


 動詞(カ行下一段)。
かんつける。
この語の意味は、①か弱い・貧弱だ・弱小。
②活気を失う・気が滅入る・臆病になる等。

※オヤネニデ、ワラハドァミンナ、かんつけデ。
○親に似て、子供らがみんな、か弱くて。

※ミンナネカテ、エジメラエデ、かんつけデシマタ。
○みんなにいじめられて、瘠せ細ってしまった(鶏)

※ビンボヘバ、フトマデかんつける。
○貧乏になれば、人の心まで小さくいじけてくる。

※アノフトァ、エマ、グットコゴロモジァ、かんつけデシマタナ。
アノガラガラジフトァマア。
○あの方は今、すっかり元気がなくなってしまいましたよ。
あんなに気前もよく、元気だった人がね。

▲前に何回かふれたように、「かんつける」の語源は「かじかむ」であろう。
その「かじかむ」と同じ意味で「かじく」という動詞もあるが、実は、それが「かじける」となったものらしい。
それに、津軽の「ん」が入り「じ」が「つ」となって、「かんつける」となる。
「何時間」を「なんつかん」というように、「じ」を「つ」と訛るのも津軽の特徴。
「わずか」が「わんつか」となるなど。
ところで、この「かじく・かじかむ」の意味は①疲れる・瘠せる。
②手など凍えて動かなくなる。
であるが、その②の意味は、津軽では、「かげる」という。
「手ァかげで、ボタンかけられない」などと。
なお「かじく・かじける」は、「くじく・くじける」とも関係がありそうだ。
「気がくじける」「相手の勢いをくじく」など。
また、方言の「かんつける」は植物・野菜などのことにも、ひんぱんに用いる。

※苗代の苗コァかんつけだ。
茄子苗コァかんつける。
※校門の松の樹が、だんだんかんつけできた等々。



その363
「かんつる」


 動詞。(ラ行四段)。
かんつる。農耕作業の一種で、「水田を耕して軟らかにする」こと。
ただし馬鍬でするのではなく、人が鍬や「くわさび」などでこなすのにだけいうのである。
馬鍬が出来る前までは、全耕作田を、みな人の手だけで、都合によって残った場合などあるいは、馬を入れることが出来ないような「小田コ・コタコ」や、「堰田・セキタ」などは、すべてこの「かんつる」という方法ですませている。
(荒掻き・代掻きの代用)この語も、「くだく・くじく・かじく」などに関係があるらしい。




その364
「かんなべ(かなべコ)」


 名詞。かんなべ。かなべこ。
鉄(銅)製の小さな鍋のこと。
かぎのはな(自在かぎ)に掛けるように出来ていて、ツルがあり、突き出たクツコ(注ぎ口)がついて、主として、お酒を燗するのに用いるところから「燗鍋」といったのを、転じて、酒のかんに用いないものでも、小さく、形の似たものは、「かなべコ」というようになった。
陶器製の同形のもの(ツルはない)は、別に「カダグツコ(片口)」という。

※ババァ、なかべカゲダデバ、ジョシギダ。
○女房が、いろりに、かんなべをかけたらもう、しめたものだ。
(盃に手がかかったも同様だ)

ジョシギ(定式?)というのは、「キット・タシカニ・間チガイナシ」というような意味で、津軽方言のうちでも名高いものの一つ。
これは、お酒の好きな親父さんなどの、よくいう言葉である。
例えば、夕方野良から帰って来る。なお、薪を入れたり、ニワを掃いたり、片づけたり……。
台所をのぞくと、まぎれもなく「かんなべ」がかかっている。
のどがゴクリとなる。
親父さん上機嫌。
疲れも忘れて、ついでに、藁の一把も打つ……というのである。
ところが、反対に、何日も「かんなべ」がかからないこともある。
今晩も……。
それとなく様子を見るのだが、一向にそのフウがない。
そんな場合、親父すこぶるゴウハラで、納屋の止り木で、もう眠りかけたニワトリの、居場所が悪いのなんのといって、天井を突っついたりなどする……。
ニワトリこそ災難である。



その365
「かんば」


 名詞。かんば。印半纏(しるしはんてん)のこと。
もちろん津軽でも、普通の看板(広告・立看板・門標)の意味にも用いるが、同じ趣旨から出来た「印半纏」のことも、昔から「かんば」といった。
理由のないことではないと思う。

※カェゴノタェンダァ、フトジかんばバレキテ、ジャックドソレテェタ。アシテエゲバマダエァネナ。
○獅子踊りの連中が、揃いの半てんを着て、みんな揃っていったよ。ああして行けばまたいいねェ。

※サンネンホウゴシタキャ、アガジルシノかんばモラタデァ。
○三年も働きましたら(鳶職・土建業など)親方から朱入りの半てんをもらったよ
(昔は、朱入りの半てんを許されれば、乾分(子分)として、特に目をかけられたもの)。

▲大辞典に、標準語としての開設の③として、……昔武家で、主家の紋所などを染め出して、下郎や出入りの者に仕着せとした衣服。とあり、その例として、「聞上手」という江戸時代(安永)の書物の一節を引用している。
「……足軽どの、対のかんばんを着て、しゃちばりかへっている」云々。
(得意顔で力みかえっている様子のこと)また、「万載狂歌集」という、江戸末期の頃の、有名な狂歌集の、秋の部に「七夕に、貸しかんばんの古ものを、けふ(今日)中元の着替へたるかな」作者は坂上竹藪という人。
(大辞典四巻二五三)なお、印半てんのことを「かんばん」といって、方言とされてる地方は、秋田市、山本郡・宮城県石巻市・栃木県・群馬県・埼玉県川越市・山梨県・富山市付近・愛知県知多郡(大辞典)とあり、津軽とは載っていない方言辞典には、青森県九戸とある。




その366
「かんば」


 名詞。(植物)かんば。桜の一種。
普通いわれる山桜のことか。
夏の頃、小さな実が熟す(黒紫色に)。
子供の頃、友達と一緒に、鎮守のお宮の境内で、この実を喜んで食べたものだ。
かんばのみコクネエグベァ(食べに行きましょう)といって……。
年上の子供たちは、ずうと上まで登って、たくさんとれるので、ずいぶんいばられたものだ。
それに、この実のツユのために、唇が紫色に染まるので、先輩たちは、その唇を見せびらかして、たくさん食べたことを誇るのである。
筆者はフガイなくて、多くとれないので、無理に口バシに塗って、皆と調子を合わせていた。
そうして、村へ帰ってから行かない子供らに、めいめい自慢するのである。
境内には、千年以上という「オッコノ木」も一本あって、これの実は、一段と甘いものであった。
銀杏の大樹も二本あり、その下には相撲場もあって、……だから、夏から秋にかけて、よくここで遊んだものである。

▲「かんば・かば」の語源その他について。
まず漢字の「樺」を「カバ」というが、これは、「カニハ」の転じたものだという。
カニハ=カンバ=カバとなる。
何と=ナニト=ナンド=ナドとなるように。
アイヌ語の「カチハ・パ」の転音だという説も捨て難いが、以前から筆者は賛成しかねている。
樺の木は、その樹皮が堅くて美しく、しかも、横に容易に剥ぐことができる。
あらゆるものの表皮は「カワ・カハ」であるのに、地方的な言い方では、単に「かわ」といえば、大てい毛皮(獣皮)のことを指す。
もっとも代表的なものだからであろう。
「皮・カハ」の語源は、「毛羽」だという説に随いたい。
しかし、まだにわかに、「樺」と「皮」とを関係づけるわけにはいくまい。
それで、やはり「カニハ」の語源が先決問題となる。
日本語源(賀茂百樹)には、「加丹延(映)」なるげし、とある。
樹皮が、あかく(丹)映えている状態から「かには」といったものではなかろうか。
また、樺の皮が、横に剥げるところから、弓に、藤や糸を巻くことを、「かばをまく」というそうだし、巻いたところを「かば」というそうだ。
かの「白樺シラカンバ」の古名が「カバ」であり、その「カバ」は、アイヌ語の「カリパ」の転訛だという説も、繰返して考えてみる必要はありそうだが……。
要するに、確言はできない。
また桜の種類と樺との関係、「カバ・カンバ」は、「山桜の方言」という記事もあり、植物学者の教示なしには、うっかり言い出せない。
辞典によると、青森県の東南・上北・下北・三戸の各地方。
岩手・秋田の一部とある。
また「アカメガシワ」の方言(周訪)とも記してある。




その367
「きがへなェ」


 形容詞。意味は、
①勝気だ。負けずぎらい。
②荒々しい。気性がはげしい。
③元気がよい。若々しい。勇ましい。
④きかんぼう。きかん人。
⑤きかん。きかない。
うんといわない……そのような人の性格の形容に用いる。

※アコノオガサマ、ナガナガきがへなェオナゴダゴドデ、カマドァ、エマデモ、ビントシテジォンネシ。
○あそこのうちのおかみさん(奥さん)は、ずいぶん勝気な、しっかり者だから、今でも家計は(家の経済状況)しっかりしている(裕福)そうですねェ。

※カラダコァ、チサェバタテ、きかへなェマコダ。
○なりは小さいけれども、元気な馬だ。(荒々しいところもあり、何の仕事にも耐久力があるなど)

※オヤジァ、きがへなェフトダドゴデ、コドモドァダンモ、カラキジコゲナェ。
○親父が気性のはげしい(頑固・きびしい)人だから子どもたちは、誰一人として、わがままをしい。

▲「きがへなェ」の語源は、どうもはっきりしない。
「きかない」が本元だとすると、「へ」の解釈に困る。
「きがへ」を、既出の「がへ」(精力)に、さらに「気」がついたもの、とみられなくもないが、そうなると、「ない」は、これも既出のように、「甚だ」の意味の「ない」だということになる。
「あらげない」「あどけない」などの「ない」は「甚だ」の意味。
しばらく、「きかない」の訛りとしておく。
津軽では普通誰でも用いるし、そんなに聞きづらい語でもないから、おそらく、三十年や五十年では、なくなることはあるまい。
次に、「きがへなェ」に似た意味の、他県の方言を少々あげておく。
①エグイ=根性の悪い(奈良)。気強い(大阪)
②キスイ=気強い。きつい。(山口県周訪)。上の「きつい」は津軽にもある。後出。
③ガイキ=気が強いこと(三重県度会・ワタライ郡)
④ヤギノショウ=負けぬ気の性質(壱岐島)
⑤ゾンキモノ=気の荒い者(福島県三イ郡)
変われば品変わる。というが、こんなにもちがうものかと、ただ驚くほかなし。




津軽のことばTOP




前へ

トップページへ