[連載]

  361 ~ 364       ( 鳴海 助一 )


前へ



その361
「かんとまめ」


 名詞。かんとまめ。
落花生(ラッカショウ・ラッカセイ)のこと。
これは、青森県と、秋田県の北部ぐらいのもので、他県では、別に種々な名称で呼ぶようだ。
南京豆(ナンキンマメ)などは普通の国語ともいえようが、厳密には、どれが正しいの、正しくないのとは、きめられないようだ。
別名の主なるものは、(カッコ内は筆者の推定)次の通り。
とうじんまめ(唐人豆)・とうまめ(唐豆)・おにまめ(鬼豆=大粒だから)・カララマメ(唐・韓豆)・カントマメ(広東豆)・ジゴクマメ(地獄豆)・ジマメ(地豆)・タワラマメ・(俵豆=形から)・オタフクマメ等々「かんとまめ」は、あるいは、我が国の「関東」の豆の意味か。
このものの原産地は、南米だそうだから(植物大図鑑)南豆とか唐人とかは、どうかと思われるが、しかし昔は、外来のものは西洋東洋を問わず、一がいにトウ・カラと考えたとも、あるいは、南米は原産でも、支那から日本へ移植されたからとも考えられはしまいか。
落花生のイワレは不明。



その362
「かんつける」


 動詞(カ行下一段)。
かんつける。
この語の意味は、①か弱い・貧弱だ・弱小。
②活気を失う・気が滅入る・臆病になる等。

※オヤネニデ、ワラハドァミンナ、かんつけデ。
○親に似て、子供らがみんな、か弱くて。

※ミンナネカテ、エジメラエデ、かんつけデシマタ。
○みんなにいじめられて、瘠せ細ってしまった(鶏)

※ビンボヘバ、フトマデかんつける。
○貧乏になれば、人の心まで小さくいじけてくる。

※アノフトァ、エマ、グットコゴロモジァ、かんつけデシマタナ。
アノガラガラジフトァマア。
○あの方は今、すっかり元気がなくなってしまいましたよ。
あんなに気前もよく、元気だった人がね。

▲前に何回かふれたように、「かんつける」の語源は「かじかむ」であろう。
その「かじかむ」と同じ意味で「かじく」という動詞もあるが、実は、それが「かじける」となったものらしい。
それに、津軽の「ん」が入り「じ」が「つ」となって、「かんつける」となる。
「何時間」を「なんつかん」というように、「じ」を「つ」と訛るのも津軽の特徴。
「わずか」が「わんつか」となるなど。
ところで、この「かじく・かじかむ」の意味は①疲れる・瘠せる。
②手など凍えて動かなくなる。
であるが、その②の意味は、津軽では、「かげる」という。
「手ァかげで、ボタンかけられない」などと。
なお「かじく・かじける」は、「くじく・くじける」とも関係がありそうだ。
「気がくじける」「相手の勢いをくじく」など。
また、方言の「かんつける」は植物・野菜などのことにも、ひんぱんに用いる。

※苗代の苗コァかんつけだ。
茄子苗コァかんつける。
※校門の松の樹が、だんだんかんつけできた等々。



その363
「かんつる」


 動詞。(ラ行四段)。
かんつる。農耕作業の一種で、「水田を耕して軟らかにする」こと。
ただし馬鍬でするのではなく、人が鍬や「くわさび」などでこなすのにだけいうのである。
馬鍬が出来る前までは、全耕作田を、みな人の手だけで、都合によって残った場合などあるいは、馬を入れることが出来ないような「小田コ・コタコ」や、「堰田・セキタ」などは、すべてこの「かんつる」という方法ですませている。
(荒掻き・代掻きの代用)この語も、「くだく・くじく・かじく」などに関係があるらしい。




その364
「かんなべ(かなべコ)」


 名詞。かんなべ。かなべこ。
鉄(銅)製の小さな鍋のこと。
かぎのはな(自在かぎ)に掛けるように出来ていて、ツルがあり、突き出たクツコ(注ぎ口)がついて、主として、お酒を燗するのに用いるところから「燗鍋」といったのを、転じて、酒のかんに用いないものでも、小さく、形の似たものは、「かなべコ」というようになった。
陶器製の同形のもの(ツルはない)は、別に「カダグツコ(片口)」という。

※ババァ、なかべカゲダデバ、ジョシギダ。
○女房が、いろりに、かんなべをかけたらもう、しめたものだ。
(盃に手がかかったも同様だ)

ジョシギ(定式?)というのは、「キット・タシカニ・間チガイナシ」というような意味で、津軽方言のうちでも名高いものの一つ。
これは、お酒の好きな親父さんなどの、よくいう言葉である。
例えば、夕方野良から帰って来る。なお、薪を入れたり、ニワを掃いたり、片づけたり……。
台所をのぞくと、まぎれもなく「かんなべ」がかかっている。
のどがゴクリとなる。
親父さん上機嫌。
疲れも忘れて、ついでに、藁の一把も打つ……というのである。
ところが、反対に、何日も「かんなべ」がかからないこともある。
今晩も……。
それとなく様子を見るのだが、一向にそのフウがない。
そんな場合、親父すこぶるゴウハラで、納屋の止り木で、もう眠りかけたニワトリの、居場所が悪いのなんのといって、天井を突っついたりなどする……。
ニワトリこそ災難である。



津軽のことばTOP




前へ

トップページへ