[連載]

  381 〜 382       ( 鳴海 助一 )


次へ


◆その381
 「きな」
 名詞。きな。「きのう(昨日)」のこと。

※きなノバゲカダカラ、ワラシァハラヤンデシナ。
○きのうの夕方から、子供が、腹をやみだしてね。
「バゲ」は「晩・バン」の訛り。「やむ」は「痛む」の意……。

※きなエッテ、チョマダエガナェバマェグナタ。
○きのう行って、きょう(今日)また行かなければならなくなりました。

※きなソシギサエテ、チョァシュゲサヨバエデ。
○きのうは葬式へ行き、きょうは祝言へよばれて。

▲「きな」は「きのう」の訛りであるが、その「きのう」は、もとの仮名づかいはでは、「きのふ」であった。
「きのふ」の、「き」は過去(既)を表わす語で、助動詞過去の「き」と同じ。
(風強かりき・野菊の如き君なりき)
「の」は普通の領格の助詞「の・之」である。
(木の枝・庭の草・去年の春)

次に「ふ」は「ひ・日」の転音だというが、語源学者の一致せる見解である。
そこで結局、漢字を当てて分かり易くすれば、「きのふ」は「既之日」である。
漢字の「昨・サク」も、「一宵・一夜・ヒトヨ」を隔てた「前の日」の意味であるから、支那の「昨日」と、我が国語の「きのふ」とは全く同じ。

それで漢字音で「サクジツ」と読むのが正しく、「きのふ」「きのう」と読むのは便宜上のものであったのである。

現代国語の表記法では一つの漢字を幾通りにも読むことを、なるべく制限するという立場から、「昨日・今日・一昨日」などは、「サクジツ・コンニチ・イッサクジツ」とだけ読ませ、「きのう・きょう・おととい」などは、全部仮名がきにせよと決められている。

なお、「けふ・今日」も、「こひ(此日)の転音。
現代では「きょう」とかく。



◆その382
 「きなさま」
 名詞。意味は「きのうの朝」のこと。「きのうあさま」の略。

※きなさまエジバンシバエダベォン。(シバレル)
○きのうの朝、一番冷えたでしょう。(気温低下)

※きなさま、ブダマレコモテ、グルグルマェシタ。
○きのうの朝、豚が仔を産んで、テンテコ舞いしましたよ。
(あわてた。ひどく忙しかった。)

▲「きな」は、前回に述べた通り。
「朝・あさ」を「あさま」というのは、やはり方言にはちがいないが、これは、昼間・夕間(ヒルマ・ユウマ)に対して「朝間アサマ」というのであり、古代にあっては、純然たる国語であった。
古歌にもある。

 露けきは「あさま」の市の白真弓
 かへるわびしきけさ(今朝)にもあるかな

「あさ」の語源は、「あ(開)」に「さ」がついたもので、「さ」は「した・しな」の約言である。
すなわち「さ」は、「時」の意味である。
例えば、「会うさきるさ・帰るさ行くさ」の「さ」である。
「しな」も、「行きしなに」「寝しなに」の如く、「時」の意味である。
故に細かく言えば、「あさ」は、「夜が明(開)けて、あかるくなる時」。
「あさま」は、それより、やや時間をひろげた「朝の頃」「朝のうち」というくらいの意味になるだろう。
……きのうのあさま=きのうあさま=きのあさま。
その「あ」の母音が、上のN音と結合してNAとなり、「きなさま」となったもの、これは「きのうの朝」というのに比べて、便利なような気もするが、なにしろ、中央で用いないから、肩身が狭いわけ。



 津軽のことばTOP



次へ 

トップページへ