[連載]

  391 ~ 399       ( 鳴海 助一 )


前へ



その391
 「きちャさて」
 名詞。きちャさて。
これは津軽方言のうちでも面白い語らいで「明々々後日」のこと、つまり、今日(きょう)を一日目として、五日目の日のことである。
標準語では、「きょう」「あす」「あさって」「しあさって」と、四日目まではあるようだが、五日目はない。
また、その四日目の「しあさって」も、方言では、「やなさッて」という。
その「あさって」「やなさって」という「さって」の語呂が、津軽の「きちャさッて」の「さって」と同じだから、多少シャレて、あるいはモジッて、とうとう「五日目」の意味に借用することになったものにちがいない。
なお更に、シャレで六日目のことを「のめくて」ということもある。
「のめくる」は、「のめる・つんのめる」つまり、前方へのめってころぶこいう意味の方言であるが、五日目の「きちゃさる」も前述のように、何かものに、突っささるようにころぶ意味もあるので、そして、語呂も似ているので、このような言い方をし、このような意味にも用いるに至ったものだろう。
いかにも低俗なことながら、しかし、その地方その社会で通用しているとなると、いちがいにケナスわけにもいくまい。
もう一つ、七日目のことを、「おぎで」などともいうが、こうなると、チト嫌気がさす。ふざけるにもほどがある。
「のめって」「起きて」という「シャレ」であろうが……。
結局津軽の、将来の日数を数える方法としては、きょう(今日)あす(明日)あさッて(明後日)やなさッて(明々後日)きちャさッて(五日目)のめくて(六日目)おぎで(七日目)となる。
これらの語源や、他県の方言については、「や」の部で詳しく述べるつもり。



その392
 「きどぐね」
 名詞。きどぐね。これは、「ゴロ寝」「丸寝」の意味。
つまり、普段着のままで寝ること。
ただし、何かの都合で、普通の睡眠時間にでもまる寝をすることもあるが、そんな時には、この語をあまり用いない。
居眠りとか、短時間の昼寝とか、とにかく一時的な場合に多く用いるようだ。

※ワラシァきどぐねシテラェ、カジァフガヘルァ。
○子どもがウタタネ(仮寝)をしているよ。ハゼ(風邪)ひかせるゼ。

※ババ、コダジサハッテ、きどぐねシテ、ナガナガ、ネネエガナェネナ。ワガェフトンドァ、サダダベネナ……。
○祖母(老母)が、コタツで仮寝をして、よういに寝所(ね床)へいかないのサ。若い人たちが(お嫁さんなど)、さぞ困るでしょうネ。朝は早いのに……。
これは、往々にしてありがちなことで、老人が嫌われる原因の一つであろう。
老人は眠くないのに、さらに若い人達に、少しでも多く仕事をさせようとか、若い者たちの睦ましいのがねたましくてとか、そんな魂胆があってのことだったら、いよいよ嫌われる。
狭い家屋では大へんだ。
家庭のイザコザも、案外こんなところに原因があるもの。心すべきことにこそ……。

▲この「きどくね」の語源については、他県の方言と比較することによって、手掛りが得られそうだ。
①イドゴネ=転寝。うたたね。(新潟・鹿児島外)
②イドゴロネ=居所寝の意。ごろね。うたたね。(群馬・埼玉・静岡・岐阜・愛媛・高知等)
③キドゴネ=(青森・秋田・宮城・福島・千葉等)
④キドゴロネ=(盛岡・仙台・東北一帯・栃木等)
⑤マルタネ=着物を着たまま寝ること。(鳥取県)

 また、平凡社大辞典には標準語として「きどこね」=着所寝。著所寝。とある。
この例により、②の「居所寝」は、意味もよく分かるし本元とするに妥当だが、「き」の頭音が疑問となる。
その点では、④及び大辞典の説がよい。
しかし、意味が多少はっきりしない。
さすがの大言海も、「着所寝ノ意ニテモアルカ」と断定しかねている。
今は、「着所寝」の転訛だ、とみておく。
なお、「ゴロ寝」も、「キドコロネ・イドコロネ」の「キド・イド」が略されたものか、「ゴロリ」と横になる等の「ゴロリ」の「ゴロ」か、また、「ゴロリ」の語源は(恐らくギ態語ではあろうが)何か、ということについても、再考の余地がある。



その393
 「きびちョ」
 名詞。きびちョ。これは「急須・きゅうす」「きびしょ」のこと。
小さな土びん。お茶こし。「きびちょ」は「きびしょ」の訛り。
「きびしょ」は、方言辞典にも載っているが、ほとんど全国的であり、標準国語としても、さしつかえないようだ。
「急須」というのは、「急ぎの場合に、すぐ簡単に用いることができる便利なもの、という程度の意味で名づけられたものらしい。
「須」は「用いる」という意味もあるが、どちらも「急須」という名称のできた原因にはなるようだ。ただし、「急焼」などの文字を当ててある場合もあるので、確信はない。
「きびしょ」の語源も不明。
他県の方言には、「かんす・すが・ちゃだし・ちゃびん・ちゅかちょか・ちゃじょか・てじゅか」等があるが、「きびしょ」の正体は、容易につかめない。識者の教示を切に乞うものである。



その394
 「きまぐ」
 動詞。(ガ行四段)。きまぐ。怒る。叱る。
叱りつける。怒なりつける。叱られた相手の方からいえば、「きまがれる・きまがえる」となる。

※アノオナゴセンセァ、タェシタきまぐケァ。
○あの女の先生は、大へん叱る先生だよ。

※エジンジエッパェ、ワガェモンドバきまェデル。
○一日中、しょっちう奉公人を叱りつけている。

※ミンナカェガナェバ、アスマダきまがえる。
○全部書いていかないと、あすまた先生に叱られる。

※シゴドノワゲデ、チョモマダ、オヤジネカテ、きまがえダ。
○仕事のことで、きょうもまた、ダンナに叱られたよ。

※オドァモドレバ、ウッテ、きまがヘルハデナ。
○おとうさんが帰れば、うんと叱ってもらうからネ。

 ▲「きまぐ」は、動詞として、「が・ぎ(い)・ぐ・げ」と活用するが、「きまがえる」は、「へる」(正しくは「せる」)という使役助動詞が接続したものである。
ところが、方言では、その助動詞も大分意味を失って、全部で一つの動詞のようになってしまうのが多い。
近年、標準語の方でも、この傾向は大いにある。
さて、「きまぐ」の語源として、まず「いきまく・息巻く」と見当をつける。
その「いき」は、漢字の「気息」「息」にあたるが、呼吸する「気・息」は、太古の国語では、例のギ声語の「い」であったらしい。
「き」は、その「い」がカ行に活用した「いく」の連用形の「いき」であろう。故に、漢字の「息ソク」も「いき」と読み、「生・活」も動詞として「いく」と読むのである。
「いのち」なども、漢字の「命」をあてるが、実は「いのうち」つまり「いき」のあの間の意(あるいは「いき」の続くうち)である。
「いきほひ」も、「い」を張るの意。
くどくなったが、人間の最も大事な「気息」のことだから、参考までに。
命・生・活・勢・息・意気・威・い歯み合う・言・云等々、この「い」に関係ある語は極めて多い。人間は、身体的にも、精神的にも、運動が急に、または感情がたかぶると、かならず呼吸が急迫する。「息巻く」が、やがて、「叱る・怒る・どなる」等の意に転じるのも当然である。
結局、「きまぐ」は、標準語の「いきまく」の略訛としておく



その395
 「きまげる」
 動詞ガ行下一段活用。きまげる。
これは、1.腹が立つ。腹だたしい。2.残念だ。無念だ。
3.恨めしい。にくらしい。4.くしゃくしゃする、等の意味である。
「がる」がついて「きまげがる」ともいう。
それでもう一つ。5.くやしい。くやしがる。

※スモトテ、マゲダェジャきまげるテ、ミシカナェ。
○相撲をとって、負けたのが残念だといって、ご飯も食べないよ。(きまげがって=くやしがって)

※アノ「カガァ」、オヤジネカテ、ナニホドきまげるモエシガサワガラナェ。
○あの「おかみさん」は、亭主のために(酒と女)どんなに、つらく、くやしい思いをするか分かりません。

※ダェダテ、きまげるコトァアレバ、シゴドサナェ。
○誰だって、腹立たしいことがあれば、仕事ができないよ。くしゃくしゃする時は、口も言いたくない。

▲「きまげる」は、前回の「きまぐ」と語源が同じなようにも、一応考えられるが、別のものらしい。
これは、「きもが焼ける」の略転であるとみる。
「きもがつぶれる」「きもがねじれる」等のきも「胆」である。
「断腸の思い」の「腸」も同じこと。
きもがやける=きもやける=きまける=きまげる。
津軽の方言では、「きまげる」の一つ以前の「きもやげる・きもやぐ」というのが現に用いられている。
意味はほとんど同じである。
要するに、「きまぐ」と「きまげる・きもやげる」とは、語の成立過程も、語源も異なるものだと断定しておきたい。
「断腸の思い」というような、痛烈な心情を訴えるには、津軽ことばでは、「腹ノゴンジョァネンツケルンタデァ」という。
「五臓が、ねじ切れるように切ない」という意。
表現の形式や方法には相異あっても、むしろ、標準語以上に、微妙なところまで、強く、深く、こまかに、そして、最も適切に、人間の感情を表現できる語源をもっているということには、毎度のことながら全くただ驚くばかりである。
「切れば血が出る」ようなことば、とはむしろ方言の上にこそ言うべきことではなかろうか。



その396
 「きもつぐし」
 転成の名詞。きもつぐし。
1.苦労する。2.つらい思いをする。3.心が千々(チヂ)に砕ける。等の意味。

※コドモドァエグナェドゴデ、アノオヤダジァ、シヌマデ、きもつぐしシテクラシァネナ。
○子供達が、みんな素行が悪いので、あそこの親たちは、死ぬまで苦労して(心を痛めて)暮しますねェ。

※クヮンゴクヮイサ、ソラテエタモエバテ、モドリァフトリァ、ヨッテエノガナェドユ、ワラシァ、アギガテナダドユ、ワモナモ、きもァつぐえデシマタデァ。
○観桜会へ、親子揃って出掛けたはいいが、帰りは、ひとりで(夫・亭主)酔っぱらって動かなく(歩かない)なるなら、子どもらが厭きがって(疲れ・眠い)泣くやら……、わたしはもう、根も力も、尽きてしまいましたよ。
この「きもァつぐえる」は、「きもが尽きる」の訛りである。
「尽く」は、自動詞が「つきる」で、他動詞が、「つくす」だが、「きもつぐし」はその他動詞からできたもの。
「つぐえる・つぎる」は、その自動詞からできたもの。
ということになる。
▲「きも」は「心」と同じ。「きもに銘じて……」なども、「心に深くきざみ込む」である。
「つぐし」は「つきし」で、「尽」の漢字をあてる。「力を尽す」の「つくす」である。
「ありったけ」「おわりまで」「無くなる」「いや果て」等の意。そこで「きもつぐし」は、「心をいろいろと痛める」「心や気をつかい果たす」「苦労のありったけをし尽す」というような意味になる。

古今集巻四秋上に、
題しらず  よみ人しらず
木の間より もりくる月の影見れば
心づくしの 秋はきにけり
とある。夏木立の茂りも、いつしかまばらになって、木の間から洩れくる月の光も、なんとなくも哀れである。
気苦労の多い秋は、早くもやってきたのだなァ……。
上の古今集の歌の「心づくし」が、津軽の「きもつぐし」の意味とピッタリ。
標準語の方では、たとえば、「……母の心づくしの手料理で……」というように、「真心こめて」とか「誠意をもって」とかの意味に変わった。
また別に、昔から「力を尽して働く」とか、「八方手を尽して探し歩いた」とか、「親に孝行を尽くす」とかの言い方も、もちろんあったが……。
津軽の「きもつぐし」は、このままの意味で、なくしたくないコトバの一つである。



その397
 「きみ」
 名詞。きみ。唐もろこし。
唐きび。棒状の幹に密集して熟す。
長さ三十センチ内外。初秋の頃食べる。
素朴ながら風味絶佳なりとも言える。
その「とうもろこし」を、津軽では大てい「きみ」という。
おそらく「黄実・キミ」が本元であろう。
例の、マ行・バ行相通の理由で、「きび」と一般に言うようだ。
津軽の「きみ」は昔のままの発音を伝えている。似たようなことに、「気味悪い・いい気味だ」等の、「きみ」がある。
これは標準語の方で「きみ」、方言では「きび」。
ちょうど、もろこしの「きみ」と反対である。
音韻現象としては、どちらも正しいのに、地方的だということで「きみ」「きび」は方言「きび」「きみ」は標準語、というわけである。「蛇」の「へみ」は、どちらも「へび」という。
方言では「へべ」と訛るが、とにかくバ行である。
なお、古代国語の訓みに、バ行とマ行と、どちらが古くから多く用いられ、どちらがその転音であるかということについては、もとより知る由もないが、その一語一語については、多少手掛りが得られないでもない。
例えば「けむり」(煙)は、上代においては「けぶり」であった。
万葉集を初め、他の古文献にも、「気不利」「気夫利」とあって、明らかにバ行の「ブ」であったことが分かる。
また、天皇・大君の意の「すべらぎ・すめろぎ」等は、上古に「須売呂伎」「須米良」「須女良」とあって、はじめ「スメラ」とマ行であったらしい。
それが、「統べる」の意もあるによって、「スベラ」と転じたもの。
こういうわけで、マ行・バ行の先後はなく、ただ、その語によって、互に相通するという現象は、各時代各階層において表われていた、といえるだけである。
「とうもろこし」を「きみ・きび」、漢語の「気味」を「きび・きみ」、「集める・アツベル」「さむらい・さぶらい」等々、要するに、地方的なものは、方言・訛語と呼ばれるのである。
再三述べたが、漢音でも「末バツ・マツ」「末ビ・ミ」「無ブ・ム・武ブ・ム」「米ベイ・マイ」のように、バ行とマ行は相通する。



その398
 「きみンつか」
 転成の名詞。きみンつか。
これは、気が短い人。
気短か。短気。短慮。せっかちな人。
形容詞の「長い」「短い」等が、名詞に転成されて用いられる場合は、その語幹の「なが」「みじか」だけで用が足りる。
その際方言では、「なんか」「みんつか」のように、「ん」をよく入れる。
これは津軽方言の特徴で、どの語に限ってともいわれないが……。
「なんがェ橋だ」。「みんつかェ針だ」。
「みんつか」の「つ」は、これも津軽方言の「ザ行・タ行」の混用のため。
「わずか」が「わんつか」となる如く。
ところで、この「きみんつか」の語について注意すべきことは、標準語においては、「気が短い人だ」というべきところを、「きみンつか」だ、といって、全く「短気」「短慮」と同じような「形容動詞」としても用いるということである。

※ナンダテ、オラェノアニァ、きみンつかダドゴデ、ハヤコボシデサダダネ。
○なにしろ、うちの長男は、短気なもんだからねェ、「コブシ」が早くて困るよ。(母の言)
上の「ハヤコボシ」は、口を言うより早く、すぐ「なぐりつける」癖の人をいうのだが、津軽でも、おもしろい言い方の一つ。
その癖はよくないが、その言い方が奇抜である。
ゴジャゴジャと、弟たちがたくさんある家庭では男の子らのワンパクに、母や祖母などは、あきれて手がつけられない。

そんな苦労を察して(善意に)、長男はいつも母・祖母の味方をする。
(心の中で)もの固い、しっかり者の長男は、とかく無口ではあるが、行動は、弟たちの模範とするに足りる。
しかしながら、長男としての立場から、また、真に弟たちの将来を考えての親心から、これを善導する意味で、時には、早いとこ「ゴツン」とやらかす。
口々にわがままをいって、母たちを困らしているところへ来て、何も言わず、いきなり「ゴツンゴツン」とコブシをくらわす。
その顔には憎悪の念はミジンもない……。母も祖母も、その心の内を知らぬわけでもないが、表面は長男をたしなめることになる……。
この用例は、まさにそのような場合の言い方である。
「きみンつか」「ハヤコボシ」「なぐる」――どちらもよいことは言えぬが……さりとて……。
なお津軽では、「短気」とももちろん言うが、その外に、同じ意味の「タンパラ」というのもある。



その399
 「きまェ・きまェコ」
 名詞。きまェ。きまェコ。これは、主として空間的な「すき・すきな(隙・隙間)」のことである。
時間的な「暇・閑」や、時間があいた、手がすいた、等には用いないようだ。
※エゲンダきまェコガラモ、カジャハテクルァネ。
○どんな小さなすき間からでも、風が入ってくるよ。
これは、冬寒くなると、夏の中気がつかないでいた、戸や壁の、どんなスキマからも風が入ってくるというのである。
※タタミァ、ツトきまェアグ(開く)ンタデァ。
○ここの畳は、少しすき間ができるようだねェ。
※イダノきまェコガラ、カジェコァ、シーシテラ。
○板敷きのすき間(板の合わせ目)から、冷たい風がスウスウと吹き上げてくるゼ。(板の割れ目)
▲「きまェ」の「まェ」は、一音節に発音する。つまり「mae」を一度に発音すれば、純正?の津軽発音とする。「手前・気前・うまい・こまかい」等の「テマェ・キマェ・ウマェ・コマェ」のように。この「きまぇ」の語源としては、まず、「木目・肌理」が考えられるが、やはり「すきま」であろう。辞典にも、「隙間」=スキマ・スキメなどとあるから、その「スキメ」の「ス」が脱略したものであろうと思う。全国方言辞典二五一頁には、「きめ」=隙間。すきま。「障子のキメから風がくる」。秋田県鹿角郡。とある。「スキメ」とあるのは、標準語の辞典だから「マェ」とは書かなかったのだろうし、秋田方言の「キメ」の「メ」も、実際の発音は、かならず「mae」の一音節にちがいない。普通の「エ段」の「メme」ではあるまい。なお、「すきま」と同じ意味の「ひま」の語源は、空間的にみれば「へま・隔間」。時間的にみれば「ひま・日間」というのが通説であるが、どちらも捨てがたい気がする。「暇・閑・隙間・空間・透き間」等は、皆同族語として考えられるようだ。



津軽のことばTOP



前へ

トップページへ