[連載]

  391 ~           ( 鳴海 助一 )


前へ



その391
 「きちャさて」
 名詞。きちャさて。
これは津軽方言のうちでも面白い語らいで「明々々後日」のこと、つまり、今日(きょう)を一日目として、五日目の日のことである。
標準語では、「きょう」「あす」「あさって」「しあさって」と、四日目まではあるようだが、五日目はない。
また、その四日目の「しあさって」も、方言では、「やなさッて」という。
その「あさって」「やなさって」という「さって」の語呂が、津軽の「きちャさッて」の「さって」と同じだから、多少シャレて、あるいはモジッて、とうとう「五日目」の意味に借用することになったものにちがいない。
なお更に、シャレで六日目のことを「のめくて」ということもある。
「のめくる」は、「のめる・つんのめる」つまり、前方へのめってころぶこいう意味の方言であるが、五日目の「きちゃさる」も前述のように、何かものに、突っささるようにころぶ意味もあるので、そして、語呂も似ているので、このような言い方をし、このような意味にも用いるに至ったものだろう。
いかにも低俗なことながら、しかし、その地方その社会で通用しているとなると、いちがいにケナスわけにもいくまい。
もう一つ、七日目のことを、「おぎで」などともいうが、こうなると、チト嫌気がさす。ふざけるにもほどがある。
「のめって」「起きて」という「シャレ」であろうが……。
結局津軽の、将来の日数を数える方法としては、きょう(今日)あす(明日)あさッて(明後日)やなさッて(明々後日)きちャさッて(五日目)のめくて(六日目)おぎで(七日目)となる。
これらの語源や、他県の方言については、「や」の部で詳しく述べるつもり。



津軽のことばTOP



前へ

トップページへ