[連載]

  441  ~ 442       ( 鳴海 助一 )


前へ



その441
 「じぐなし」
 名詞。「じぐ」は根性、根気、意地・元気・活気等にあたる。
「じぐなし」は「じぐ」が「無い」だから、「いくじなし」「臆病者」「小心者」にあたる。

※じぐなしデ……。バゲ、ミシクタデバ、オニァサデファナェネ。アマリデファテアサェテモサダダンドモ。
○臆病者で、晩に、ご飯を食べてからは、外へ出られないよ。むやみに出歩くのも困りものだがね……。

※じぐァなェハデ、フトナガデ、クジサベルダバ、ガラットマェナェ。

○気が弱いから(度胸がないから)、人中で(大勢の前で)、口をいうのは全然ダメです。

▲「じぐ」の使用地域は極めて広範囲に亘る。
意味は少しずつちがうが……。
例えば「じぐなし」は、1いくじなし・臆病(東北一体)。
2怠け者(駿河・山梨・岐阜等)。
3ぶしょう者(静岡)。
4だらしがない。不器用な等々。



その442
 「しおびぎ」
 名詞。これは「塩引き」の意味で、津軽では主として「塩鮭・しおざけ」のことにいう。
「しおびき」は、魚類を塩づけにしたものの総称であるが、標準語でも、たいてい鮭やマスに用いるようだ。
津軽では、「鮭」即ち「しおびき」というほどで、「マス」などは、「生マス」「塩マス」というし、「しおびぎ」といえば「さけ」のことである。
別に「アギラジ・アキアジ」ともいうが。

※ソガジ、ナニァトエデモ、しおびぎノエッポンモドモタバテ、ネダンキデ、ホーホーテキタデァ。
○正月に、何を置いても、塩ざけの一本も……と思ったが、値段を聞いただけで、驚いて帰りました。



津軽のことばTOP



前へ

トップページへ