[連載]

  371 ~ 372       ( 鳴海 助一 )


前へ



その371
「きしびじ」(2)


 ▲ところで、「米びつ」のことを、津軽で「きしびじ」というのはどういうわけか。
「びじ」は「ひつ」の訛りで問題はないが、「きし」は何か。
 まず、大辞典によると、
ケシネビツ 方言。米ビツ。津軽(物類称呼)。
新潟県中魚沼郡。千葉県君津郡。安房郡。
ケシネブジ 方言。米ビツ。秋田県南部。
キシネビズ 方言。青森県上磯郡。岩手県。
キシノ 方言。米ビツ。青森県津軽地方。とあり。
上の「物類称呼」というのは、江戸時代に出来た「方言辞書」であって、当時の民衆の「ことば」の実態を知り得るものとして、極めて貴重な存在である。
その書の中に、津軽地方で「キシネビツ」ともいった、というのである。
それを大辞典編集者が引用したもの。
また、津軽で、「キシノ」ともいう、とあるが、筆者はいかんながら聞いたことがない。
「ノ」は「ネ」の訛り。ところで、家の用例等により、「きしね・けしね・きしの」が、いずれも津軽の「きしびじ」の「きしに当たる、ということが分かる。
津軽ではその「な・の」を省略したものということになる。
次は「きしね・けしね」について。やはり大辞典等によると、以下の通り。

ケシネ 方言。
①飯米。自家用の精米。秋田県平鹿郡。栃木県河内郡。茨城県猿島郡。大分県玖珠郡・日田郡。
②雑穀。東国。西国。(物類称呼)
③米・麦・粟等を搗(ツ)く作業のこと。熊本県北部。
④速製にして初物の意味。壱岐島。
(ケシネ野菜。ケシネ醤油の実。などという。)

キシネ 方言。精(シラ)げたる米・粟など。
青森県南部地方。岩手県上閉伊郡。
上の例により、「ケシネ・キシネ」は、「米・粟」等の主食を指す、ということが分かる。
この「けしね」は「食稲・ケシネ」の意味で、上古から主として「いね・米・飯米」のことに用いた。
「きしね」はその訛とみる。
(「いね」と「しね」との転成関係については、今のところ研究しかねる。)
結局、津軽の「きしびじ」は、上古から各地にいわれてきた「けしねびつ」の訛りであり、「きし」は「「米」のことである。



その372
「きしびじ」(3)


 ▲津軽の「きしびじ」(米びつ)を、他県の方言ではなんというか、若干紹介しておく。
①コメカラト=京都・富山・大分。
②キシ=米殻類を入れる木製の大形の箱。岩手県。
③きしねびつ・けしねびつ・きしびつ=前述の通り。
④キス・キツ=米を入れる箱。魚を飼う木箱。
秋田・岩手・新潟等。
⑤キッツ・キツ・ヒツ=米倉のこと。
仙台。板倉のこと。
秋田・岩手・宮城。木製のヒツ。青森・秋田・茨城県多賀郡。米びつのこと。
岩手県和賀郡・宮城・福島。木製の銭箱のこと。会津若松。
⑥ゲビツ・ゲブツ=米びつ。
大阪・堺(俚言集覧・物類称呼)・奈良・和歌山。
飯びつのこと。大分県。
⑦コカビツ=米びつ。香川県三豊郡・奈良県葛城郡。
「嫁にこかびつを渡す」=嫁に世帯をゆずること。
上は津軽の「かまどをまがへる」「かまどわだす」と同じもの。
「かまど」は火炊場から転じて「世帯」の意味となる。
「こかびつ」も「米ばこ」だから、最も大切なもの。
「財布」を渡すなど皆同じ意味。
⑧コメブネ=米びつ。
山口県大島・大分県の一部。
⑨コメボシ=米びつ。
島根県簸川郡。
⑩その他。コメンムロ・セビツ・ドーマイビツ・ドーメ・トビツ・ヨノケ・ハンマイビツ等々。




津軽のことばTOP




前へ

トップページへ